豊胸手術を失敗してしまいました

自分は成功するという謎の自信

胸を大きく出来れば、消極的な自分も変わることができると信じていたわけです。
もちろん今から振り返ってみればそんなことは後付けの理由でしかないのは理解できますが、バストサイズがコンプレックスになってしまい近視眼的な思考にとらわれてしまっていました。
このような強い思い込みが冷静な判断を狂わせ、後々の失敗にも繋がったのだと今なら分かりますが、当時はとにかく状況を変えたい、そんな強い思い込みに支配されてしまっている自分がいました。
もちろんリスクについては事前にあることの説明は受けていましたし、結果に満足できない方の声も少なからず存在することは重々認識していました。
でもインターネットなどの口コミや体験談をみると、成功談やコンプレックスを解消できた感想の方に目が向きがちなので、当然自分も満足できるほうの部類に入ることだろうとたかを括っている部分があったのは、恥ずかしながら事実です。
豊胸手術の経験談や口コミは参照したものの、肝心の手術を行なっている整形外科クリニックの実績や治療成績をろくに調べもしなかったのが失敗の原因だったと考えています。
手術としては内容が確立しているのだから、どのクリニックで受けても大して換わりはしないだろうと、勝手に思い込んでいたのです。

周りが大きくてコンプレックスになった / 自分は成功するという謎の自信 / 細菌感染で取り除くことに…